藤枝明誠中学の受験対策

  • 2023.01.22

藤枝明誠中学の入試概要

志願倍率の傾向

  定員 志願者数 倍率
2023年 70 79 1.12
2022年 70 83 1.18
2021年 70 86 1.22
2020年 70 94 1.34
静岡県私学協会の公開情報より

総合的な受験難度(県中部比較)

A方式(算数型)
入試問題の難度 やや易しい(偏差値45-55相当)
志願倍率 ふつう(安定傾向)
専門対策の有効性 ふつう
総合難度 ふつう

表の読み方

入試問題の難度 同一地域の他校と比較した難度。
  • 「入試問題」を問題集に換算した難度目安です。合格そのものの難度ではありません。
  • 最難/最易は除外しています。
志願倍率 出願者数/募集定員の割合。直近3年程度の動向をまるめています。
  • 〔高い〕1.6倍以上
  • 〔普通〕1.2~1.5倍
  • 〔低い〕1.1倍以下
専門対策の有効性 高いほど専門クラスや個別指導の優位性が高まります。
総合難度 上記に基づいた総合評価。難度は次の検討項目に影響します。
  • 必要準備期間
  • 週単位の通塾回数
  • 学習計画の個別化

入試システムの特記事項

一斉受験日(土) 日曜日
算数型 英語型 島附併願
国語 国語
算数基礎 英語
算数発展

英語型(B方式)

「藤枝明誠高校」の入試問題より難しい気がします。

なんですとー

島附併願型(C方式)

条件は「国公立」なので静附や清水南も対象ですが、地域的に静大附属島田中学ですね。

藤枝明誠中学の入試問題分析(算数)

  • 基礎難度と発展難度の二部構成(試験時間が区切られる)
  • 前半・後半ともに癖がない。(汎用的な学習が有効)
  • 解答数で得点差をつける仕様
基礎の部 発展の部
様式種別 標準様式
体感難度 80% 比較的容易 比較的容易
60% 容易 比較的容易
40% 容易 比較的容易
得点難度 完答 偏差値55程度 偏差値55程度
80% 偏差値45-50 偏差値50-55
60% 偏差値40-45 偏差値45-50
40% 偏差値40程度 偏差値45-50
20% 偏差値40程度 偏差値45-50

表の読み方

様式種別 入試問題のタイプです。(本文で解説しています)
体感難度 偏差値50相当の学力で試行した際の「設問そのもの」の難度です。
同等学力における他校との難度比較用です。
得点難度 規定時間内で〇%正答するために必要な学力目安です。
設問そのものの難度だけでなく「問題数」や「出題様式」も関係します。

基礎の部(20分)

半分は四則演算。半分は一般的な独立小問です。

難度的には学校発展から受験基礎。6年生の入塾テストに最適な難度構成です。

それでも完答難度は偏差値55相当?

解いた数で得点差をつける様式です。

な、なるほど。

発展の部(40分)

いわゆる中学受験っぽい大問構成の文章問題。

難度的には受験基礎レベルで、特に癖はありません。

それでも完答難度は偏差値55相当?

解いた数で得点差をつける様式です。

同じかいっ

偏差値50前後の学力の子にとっては「回答選択制」の意味合いが強いと思います。

藤枝明誠中学を志望する場合の塾の選び方

  • 検討条件が少ない
  • 要るのは「講師」ではなく「トレーナー」

汎用的な受験計画が通用する珍しい例

「特徴がない=汎用的な手法が有効」といえるので、塾選びにあまり条件はつかないです。

他校だと結構条件があるみたいですが、珍しいですね。

高速処理型はトレーニングが重要

見出しのとおり、高速処理型の得点力は「練習量」が重要になります。

有効なのは講師ではなくトレーナーか。

塾を始める時期

専願 4年生後期から5年生前期
島附併願 4年生後期(島附日程で)

倍率に甘えるなら5年生後期からでも間に合わないことはないですが、

発展の部を解くならそれなりに知識量も要りますので、標準日程に合わせるのが無難です。

藤枝明誠中学の受験対策を扱うコース

1クラス定員 3名
週回数 規定2回 週2回以上
補講任意
時間帯 規定90分 16:30~18:00
補講40分 15:30~20:40
  • 個人専用の学習計画で進めるオーダーメイド個別指導。
  • 高速処理型の入試問題に備えるトレーニングにも対応。
  • 島附の同時検討にも対応(→静大附属中学の案内を参照)

藤枝明誠中学校・高等学校

県中部では数少ない「進学校型カリキュラム」の学校。

部活も盛んです。

改変履歴

  • 【2023.01.23】新装版
  • 【2021.06.27】初版