マネジメント型個別指導の内容

学習サイクルの最適化で学力を伸ばす勉強の本質を忠実に実行するPDCA

中学受験コースで行っている「学習マネジメント型個別指導(個別学習管理)」はあまり聞きなれない分類名かもしれませんが、わかりやすくいえば完全オーダーメイドの学習プランに基づく個別指導です。

旧来はいわゆる「逆転合格系」の分野でしたが、平成末期頃からはFC方式の学習塾の参入によって補習系の分野も増えています。

マネジメント塾の基本的な考え方全般的なこと

マネジメント型の塾を知る上で欠かせないのが「学習サイクル」の考え方です。

学習サイクルとは、知識のインプットから定着までの流れ(工程)をひとまとめにしたものです。勉強に限らずスポーツや仕事にも同様のサイクルがあります。

学習サイクル

このサイクルの実行について、学習マネジメント型の学習塾では次の3要素が提供されます。

  • 目標達成に必要な知識をインプットする手段(授業や学習教材)
  • ToDoのタスクとして提供されるカリキュラム
  • 「Step4:合否判定」で不合格になった際の個別指導

昭和から平成初期のマネジメント塾はこれらを全て「対面・人力」で行っていたため、膨大な稼働時間が必要になり、結果的に料金も超高額料金帯でした。

強みと弱点

集団指導塾は「カリキュラムに生徒が合わせる=合わせられなければ脱落」、個別指導塾は「生徒主導で質疑応答以外に関与できない」という構造的な弱点があります。

マネジメント塾の手法を要約すれば「集団指導塾で行うことを生徒一人に対して個別指導のスタイルで行う」なので、「脱落」や「途中編入」という概念がありません。これによって(日程に不足がなければ)スタート時の学力に関わらず効率よく学力を伸ばすことができます。

しかしそれは同時に、集団指導塾では生徒数でシェアしていた授業コストを生徒一人で負担することでもあります。多くの保護者の方は誤解されていますが、授業にかかるコストは授業時間だけではなく、むしろ授業時間外で多く発生しています。オーダーメイドを「至れり尽くせり」で捉えると塾費は膨大になるため、一般に広まっているものは「ある程度のことは自分で処理する」ことを前提に料金を抑えています。

そこがマネジメント塾の弱点です。つまり、非対面学習の課題消化を怠ると効果が激減しますし、取り組み方による個人差のあらわれ方も従来型の学習塾より顕著です。

要約すれば、「学力に関わらず意欲がある人には向き、やらされている人には不向き」です。

プリマステラの学習マネジメント当塾の進め方

インプット

インプットに関することは市販の映像教材に置き換えます。

映像授業
スタディサプリ

ポイント

適切に運用できれば中高生向けの大手進学塾で主流になりつつある「映像授業型学習塾」と同等の学習効果が見込めます。

市販教材を使用するので教材費用の中間マージンもかかりません。

コーチング型の個別指導

わかった気を見逃さない

学習難度が高くなるほど解けない問題は必ず出てきます。この対処としてコーチング型の個別指導を行います。

通塾型では同時最大2名、家庭教師型ではもちろん完全マンツーマンです。

【参考】コーチング型のレイアウト

「添削型個別指導」と違い、目線や表情、手の動かし方、答え方や過程の考え方などを含めた学習指導ができます。

定位置着座

非指導日も含めた学習カリキュラム

一般に「宿題」とされる自宅学習課題は、「知識のインプット」と「定着のための練習」の二本立てです。

カリキュラムは指導日ごとにアップデート

近年増えているAI方式のカリキュラムとの違いは、更新頻度が指導日毎なのでToDoが機能的であることと、反復練習不足に起因する対処を的確にできることです。

また、カリキュラムはグーグルカレンダーで作成提供しますので、お子様本人だけでなく保護者の方にも簡便に共有できます。

アルバイト講師はいません代表者が全て行います

アルバイト講師はいません

マネジメント型個別指導を提供しているコース

画像クリックタップで募集案内ページに移動します

トップページへ移動