塾と家庭教師

予備校とは?塾の選び方

2019.12.04
2019.10.01

受験指導に特化した集団授業塾です。

元々は浪人生を対象とした大学受験塾の意味でしたが、現在は「受験対策のための塾」を示す言葉になっています。

このため、「〇〇予備校」という名称でも内容は進学塾だったり、「〇〇塾」という名称でも内容は予備校だったりします。

名前の違いは気にする必要はありませんが、指導方針の違いが適する目的に関係するので別扱いをしています。

このページは静岡県中部エリアで小中学生向けの塾探しをしている保護者を想定して書いていますので、他地域や高校生の方は脳内補正しながらご覧ください

端的な検討の基準

  • 難関校や中高一貫校に進学したい
  • 偏差値60以上(成績上位20%以内が目安)

現時点で成績上位でなかったり難関校を目指していない人にとっては検討候補外です。

学力が足らない場合は個別指導塾もしくは家庭教師です。

成績中下位者が成績を上げるための塾ではありませんし、そういう効果もありません。

向き不向きのイメージ
偏差値帯→ 40→45 45→50 50→55 55→60 60→*
予備校 × ×
進学塾 ×
補習塾 × ×
個別指導塾 ×
家庭教師・派遣型 ×
家庭教師・フリー型
偏差値イメージ
40以下 41-45 46-54 55-59 60以上
中の下 中の上

予備校の特徴

全般的には進学塾(受験塾)と同じです。

進学塾との違いは次の部分です。

  • 質疑応答は受け付けない。(一方的なティーチング)
  • 受験対策に特化し、学校の授業には一切連動しない。

集団塾の弱点が露骨な反面、予備校ならではの強みがあります。

  • 授業1コマあたりの密度が非常に高い
  • 求めている難度の授業を選びやすい、また、選びやすい授業体系になっている。

学習効率は教育サービスの中で最上位です。

授業ではとにかくインプットに集中し、理解は自宅に持ち帰って反復する、というやり方で効果を発揮します。

予備校スタイル

予備校利用の鉄則

予備校の強みを活かすためには前提条件があります。

  • カリキュラムを見て予復習の必要性を自分で判断して行える
  • 授業を理解できる基礎学力がある
  • 高速授業に適応できる「勉強脳」ができている
  • 受講目的がハッキリしている

検討目安の偏差値60は、テストのスコアだけでなくその学力帯に相応しい「学習能力」が必要ということです。

余談:映像授業教材は予備校スタイルです

スタディサプリなどの映像教材は予備校スタイルなので、効果を得るには同様の学習能力が必要です。

リアル予備校に対しての動画教材の強みは・・・

  • 先取りや取り戻しを想定した基礎講座が用意されていれば、中低学力帯でも始められる。
  • 「停止」や「リピート」ができるので、高速授業に適応できなない時期からでも始められる。

まとめとあとがき保護者さまへ伝えたいこと

複雑で多様な塾業界ですが、塾選びの一助になれば幸いです。

併せまして、塾選びをされる保護者さまに是非とも知っていただきたいことを挙げておきます。

  • 塾は利用するものであり、依存するものではありません。寝る子を起こせるのは親だけです。
  • 掛け持ちしてはいけません。掛け持ちは学力アップを停滞させる代表的要因のひとつです。
  • テクニックはあっても魔法はありません。学力アップには学習量の裏付けが不可欠です。
  • 塾は格差を善しとする顧客の存在によって成り立つサービス業です。ゆえに絶対に値切ってはいけません。値切って損をするのは指導を受けるお子様です。